2016年04月17日

メソセラピーの副作用



6メソセラピー.jpg


美しさを追求する人や、それにこたえようとする
人たちの努力で、次々と新しい美容法が誕生しています。

痩身法に関してもそうです。

最近話題のメソセラピーも、部分痩せに効果がありながら、
脂肪吸引よりはからだへの負担がはるかに少ないと人気を呼んでいます。

しかし、人間の自然でいるかたちに何かしら
手を加えるわけですから、どんな方法でも少なからずリスクは伴います。

安全と言われるメソセラピーについても、
その副作用について知っておく必要はあるでしょう。

まずよく言われるように、メソセラピーは同じ
部分痩せ方法としての脂肪吸引に比べると、
副作用もリスクも大変少なくなっています。

しかし注射で体内に薬を注入するわけですから、
まったくリスクがないと言い切れるわけではありません。

施術中の痛み(針を刺す程度の)も多少あります。
メソセラピーを施術した後は、注射部位によっては腫れや発赤、
内出血が見られることがあります。

また筋肉痛のような痛みを感じたり、中には歩いたり
ちょっとしたからだの動きに対してドスドスと響く
痛みを訴える人もいるようです。

しかし、これらの腫れや内出血、
痛みなどは1週間ほどで多くは消えていきます。

体験談を読んでいると、顔に施術した後に痛みと
腫れがあらわれ、仕事にも行けなかったという話もありました。

後になってどんな症状が出てくるのか、その可能性についても
よく医師と相談して、納得の上で施術を受けるようにしてください。



【関連する記事】
posted by メソセラピー 失敗しないために@吉祥寺 at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | メソセラピー 副作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。